— Posted in Uncategorized

検索エンジンの変化

一昔前の検索エンジンは “外部 リンクがたくさん援られているサイ ト=人気のあるサイト”だと考え、外部リンクによる評価を重んじていました。そのため、サイトの中身(コンテンツ )があまり良質なもので・なかったとしても、外部リンクを購入すれば順位があがる時代がありました。 しかし、そのままではユーザーにとって価値の低い情報提供しかできなくなるため、検索エンジンは、意図的な外部 リンクが張つであるサイトへペナルティを与える「ペンギンアップデート 」や、低品質なコンテンツを掲載している サイトへペナルティを与えるパンダアップデー トと呼ばれるアルゴリズムの変更を行い、コンテンツ 内容の品質が重要視されることになりました。こういった検索エンジンの変化によって、「ユーザーにとって有益で、価値のある情報」を提供する“コンテンツマーケテイング”が SEO にとって必要不可欠となったのです。近年はコンテンツマーケテイング時代と呼ばれ DECAXと呼ばれる行動が注目されています。


Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です