ECサイト構築時のポイント

ポイント

  • ECサイトとは幾つかのシステムとの連携から成り立つ複合的なシステム
  • ショッピングモールに出店することも選択肢の一つに
  • キーワードは信用と利便性
  • 最適と思われる購買の導線を設計し、それを継続的に改善していくことが肝要
  • 何より顧客に信頼されるサイト作りが求められる

最近ではもはや日常生活にすっかり溶け込んで一般的になってきた感のあるECサイトだが、実際に構築するとなると、実にたくさんのことを考慮する必要がある。まずはその構成から見てみよう。ECサイトと一口に言っても、その中は幾つものサブシステムと連携して成り立っている。受発注管理システム、配送情報システム、クレジット決済システムなど、必ずしも全てのECサイトがこれらのシステムを全て持っているわけではないが、実際にECサイトを構築するとなるとこれらのシステムとの連携が必要かどうか検討する必要がある。

これらのシステムを自前で用意する予算がない場合、システムの一部を外部に委託する方法もあるわけだが、もう一つの応報として、ショッピングモールに加入するという手段も考えられるだろう。ショッピングモールではこういったシステムが始めから用意されているので、1から構築する必要がない。また、あらかじめデザインやショッピングカートなども用意されているため、手軽にECサイトを構築できる。ただ逆にインターフェイスが画一的になってしまうため、競合他社との差別化が図りにくいというデメリットもある。予算が用意できない場合や、とりあえず安価に構築したい場合にはショッピングモールで予算が取れるようであれば自前でECサイトを構築する、トイう選択になるだろう。ただし、最近は自前でECサイトを安価に構築できるASPサービスも多い。以前ほど自社構築のハードルは高くないと言えるだろう。

ECサイトを構築するにあたり、最も重要なことはいかにスムーズに購入できる仕組みを作れるかということと、いかに顧客の信用を掴むかということだろう。

ECサイトに限らず、ウェブのユーザーはわかりにくいインターフェイスを嫌う。ECサイトでも購入までの手続きの簡便さがサイトの売り上げに直結する非常に重要な要素となってくる。サイトの解説時には考えられうる最も優れたユーザービリティを取り入れ、ユーザーの声などを取り入れながら常により良いインターフェイスを模索していくべきであろう。また、ECサイトは実際の店舗と違って相手の顔が見えないため、いかにユーザーに信頼されるかというのも重要である。見るからに怪しいECサイトで買い物をしようとするユーザーはいるわけがない。特に実店舗を持たないようなECサイトの場合は、運営者の情報をわかりやすく開示したり、プライバシーポリシーを明記するなど、ユーザーが安心して買い物を楽しめるようなサイト作りをすることが必須になってくる。

  • サイト構築方法

・自社構築

コストも時間もかかるが、顧客データベースの活用、自社ブランドに合うデザインなど、何かと自由度の高いECサイト構築が可能。また、決済サービスのASPを利用するなど、一部を規制のもので、補うという方法もある。

・ショッピングモール加盟

早く簡単にコストを抑えてECサイトを構築することができるのが特徴。また、ECサイトに不可欠な集客、プロモーションをモール運営会社がやってくれるのも負担が少なくて済む、反面、運営に様々な制約がつきまとう。

  • 販売チャネル

・ネット専業

店舗を持たずにネットだけで運営されているサイト。ネット上で購入してもらわなければ売り上げにならないため、商品の選定、掲載方法、デザイン、ユーザービリティなどが非常に重要になる。

・クリック&モルタル

実店舗を持つため、ネット販売との相乗効果を狙うタイプ。必ずしもネットで購入されなくても実店舗に来店してもらえれば良いし、また、店舗でネット販売をPRし、来店後に購入につなげるなどのプロモーションも考えられる。

  • オーダー手順

・ショッピングカートシステム

商品を選定する過程で、複数の商品を購入社専用の買い物かごに入れておき、選定した商品をいつでも確認できるような仕組み。ほとんどのECサイトに実装している。

・受注確認、配送確認

商品選定後、商品の再確認後に受注された確認画面を出したり、確認メールを送ったりする仕組みが必要。最近では配送システムと連携しており、配送確認メールを配信する場合も多い。

・ユーザー対応

商品、発注、配送などに関する質問、取引に対するクレームなどユーザーからのリクエストにスピーディに対応する体制や仕組みが不可欠

  • 決済方法

・銀行振込

一般的な決済だが、銀行振込確認後に商品発送となるため、時間のロスが大きい。カードなどを持たない若年層向けには必要な決済方法。

・代金引換

宅配業者が商品受け渡し時に料金も回収してくれるサービス。料金回収が確実で、受注後すぐに発送できるメリットが大きいが、その分、送料とは別に代引き手数料がかかる。

・コンビニ決済

コンビニ決済用の支払い伝票を店頭で支払う仕組み。銀行振り込みと違い、深夜も決済できるメリットが大きく、カードを持たない若年層向けに便利。

・クレジット決済

受注時に決済も済ませられるために非常に利便性が高く最も普及している決済方法。決済サービスを提供しているASPも数多いが、販売代金の5%以上の手数料がかかる

  • 配送方法

・送料、荷物追跡

配送可能地域と配送料の明記が不可欠。最近では宅配業者による荷物追跡サービスなども充実しており、ECサイト向けにクレジット決済(商品受け渡し時)を含む様々なサービスを提供

  • 法務関連

・運営者情報の開示

ユーザーがショップの運営者が誰なのか、会社はどこにあるのかなどを調べられるように運営者の情報はきちんと正式名称で所在地。連絡先などを明記することが重要。

・プライバシーポリシー

個人情報についてどのように取り扱われるのかを明記。基本的には新商品の案内など以外の目的では一切利用しないことを宣言するべき。

・取引に関して必要な免許や法律

中古品取引に古物商の許可が必要なように、ネットと雖も取り扱い品目におうじて所定の許可や免許が必要。免許番号なども明記する必要がある。

  • 受発注から決済、商品発送まで

ECサイトでは自社構築かショッピングモールへの加盟かでその後の手間が大きく変わる。自社構築お場合は、カートシステムや決済手段も自前で持たなければならない。ただし、そうしたサービスを行うASP事業者なども増えており、以前に比べ敷居は高くない。

  • 様々な種類のWEBサイトの構築は・・・・・ホームページ作成の東京WEBメーカー
  • SEOサービスのご相談は・・・・・格安SEOの東京SEOメーカー